expense

金属床義歯とは、義歯床が金属で出来ている入れ歯です。
義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険のものよりもしゃべりやすかったり、違和感が少なかったりする総入れ歯を作れる可能性が高くなります。
ただし、金属床義歯は修理が難しく、非常に高価なので、保険の入れ歯ではどうしても満足できないという場合に担当の歯医者さんと相談して適用するかどうかを決めるべきだと思います。

金属床義歯の治療費の目安

《保険治療の場合》
内容 補足 治療費
金属床義歯は保険外の治療法です
《保険外(自費)の場合》
内容 補足 治療費
金属床義歯
15~50万円
(上下どちらか片方)

Last Up Date:

シリコーン義歯とは、義歯床の一部がシリコンで出来ている入れ歯のことです。
シリコンは軟らかいので、「入れ歯が当たって痛い!」ということが少なくなり、良く噛めるようにもなりますが、値段が高く、汚れが付きやすいという欠点もあります。
また、比較的短期間(2年程度)で材質が劣化してしまうことが多いようで、この問題をどうするのかが今後の課題になっています。

シリコーン義歯の治療費の目安

《保険治療の場合》
内容 補足 治療費
シリコン義歯は保険外の治療法です
《保険外(自費)の場合》
内容 補足 治療費
シリコーン義歯 義歯にシリコーンを貼り付ける料金。 10~20万円
(上下どちらか片方)

Last Up Date:

アタッチメント義歯とは、入れ歯と残っている歯のそれぞれにアタッチメント装置を取り付けることによって、入れ歯の安定感やものを噛む能力を高める方法です。
アタッチメントには様々な種類があり、その種類によって治療費も変わります。
最もよく使用されている「磁性アタッチメント」の場合には、大体1装置5万円前後のことが多いようです。

アタッチメント義歯の治療費の目安

《保険治療の場合》
内容 補足 治療費
アタッチメント義歯は保険外の治療法です
《保険外(自費)の場合》
内容 補足 治療費
アタッチメント義歯 アタッチメント1装置の値段。 1~10万円/1装置

Last Up Date:

インプラント義歯とは、アゴの骨に「インプラント」というネジのようなものを打ち込み、その打ち込んだインプラントを土台にして入れ歯を装着するという治療法です。
現在考えられる治療法の中では最も入れ歯をしっかりと固定することができ、咀嚼能率(ものを噛む能力)の回復が最も良く、義歯ががたつくことにより発生する痛みなども大きく軽減させることができるなど、多くのメリットがあります。
ただし、手術が必要になるということと、治療後のメインテナンスをしっかりと行える人でないと向かないということ、治療費が高いということなどのデメリットもあります。

インプラント義歯の治療費の目安

《保険治療の場合》
内容 補足 治療費
インプラント義歯は保険外の治療法です

Last Up Date:

このページの上部へ



電話番号:
ファックス番号:

診療時間

 
9:30〜13:00
14:30〜19:00
☆印は14:30〜17:30まで[休診日]木・日・祝

今月の休診日

6月の休診日

SunMonTueWedThuFriSat






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30





定休日

当院の特徴

歯の治療をした事ない方は健康を一番に考えている? ここで考えるのに、予防を一番に考えたら、一生涯自分の歯で暮らせるでしょう。 これは、治療に通うのに苦痛ではなく、(痛くない、怖くない) そして、治療によりお口の状態が良くなり笑顔になる。 さらに、予防に通い、お口のすっきり、安心、笑顔になる。 う蝕治療は今ほとんどなくなり、歯周病の予防治療がほとんど保育園、幼稚園、小学校の検診の中に虫歯を探す事のほうが難しい時代です、しかし、入れ歯、インプラント、ブリッジは無くならない

今月の矯正診療日

6/4,14

☆毎月第1土曜、第2水曜、第2金曜