expense

オールセラミック冠は、冠全体がセラミック(陶器)で出来ているクラウン(差し歯)です。
非常に見た目が良いのが特徴ですが、値段が高く割れやすいと言う欠点もあります。

オールセラミッククラウンの治療費の目安

《保険治療の場合》
内容 補足 治療費
オールセラミッククラウンは保険外の治療法です
《保険外(自費)の場合》
内容 補足 治療費
オールセラミッククラウン 虫歯を削る料金・型取り・冠本体の料金を足したものです 8~15万円

Last Up Date:

ハイブリッドセラミッククラウンとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたクラウン(差し歯)です。
オールセラミックジャケット冠よりも割れにくいのですが、色調は多少劣ります。
しかし、治療費はオールセラミックよりも安く、硬すぎないので周囲の歯を痛めないというメリットがあります

ハイブリッドセラミッククラウンの治療費の目安

《保険治療の場合》
内容 補足 治療費
ハイブリッドセラミッククラウンは保険外の治療法です
《保険外(自費)の場合》
内容 補足 治療費
ハイブリッド
セラミッククラウン
虫歯を削る料金・型取り・冠本体の料金を足したものです 4~12万円

Last Up Date:

メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。
見た目が良く変色せず強度も強いので、保険外で治療をする際、非常によく使用されます。

メタルボンドの治療費の目安

《保険治療の場合》
内容 補足 治療費
メタルボンドは保険外の治療法です
《保険外(自費)の場合》
内容 補足 治療費
メタルボンド 虫歯を削る料金・型取り・冠本体の料金を足したものです 8~12万円

Last Up Date:

ゴールドクラウンとは、「金合金」や「白金加金」等の貴金属を使用したクラウン(差し歯)です。
金属なので見た目に問題はありますが、適合が良く金属もほとんど錆びることはありません。
白金加金は金合金にプラチナを加えたもので、色が銀色に近くなります。
(白金加金は現在、最も良い歯科用金属であると考えられています)

ゴールドクラウンの治療費の目安

《保険治療の場合》
内容 補足 治療費
ゴールドクラウンは保険外の治療法です
《保険外(自費)の場合》
内容 補足 治療費

ゴールドクラウン

白金加金クラウン

虫歯を削る料金・型取り・レジン本体の料金を足したものです 6~9万円

Last Up Date:

このページの上部へ



電話番号:
ファックス番号:

診療時間

 
9:30〜13:00
14:30〜19:00
☆印は14:30〜17:30まで[休診日]木・日・祝

今月の休診日

6月の休診日

SunMonTueWedThuFriSat






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30





定休日

当院の特徴

歯の治療をした事ない方は健康を一番に考えている? ここで考えるのに、予防を一番に考えたら、一生涯自分の歯で暮らせるでしょう。 これは、治療に通うのに苦痛ではなく、(痛くない、怖くない) そして、治療によりお口の状態が良くなり笑顔になる。 さらに、予防に通い、お口のすっきり、安心、笑顔になる。 う蝕治療は今ほとんどなくなり、歯周病の予防治療がほとんど保育園、幼稚園、小学校の検診の中に虫歯を探す事のほうが難しい時代です、しかし、入れ歯、インプラント、ブリッジは無くならない

今月の矯正診療日

6/4,14

☆毎月第1土曜、第2水曜、第2金曜