expense

歯列矯正(矯正歯科)の治療費の目安

内容 説明 治療費
相談料

矯正の診査・診断料
レントゲン費用

31,500円
別途必要
矯正治療の料金
(基本料金)
詳細は下記参照。 15万〜70万円
定期健診・調整料 ワイヤーの調整など。
(1~2ヶ月に1回程度必要)
5,250/1回
TOTAL
《矯正の方法別 基本料金の違い》
内容 説明 治療費
ワイヤー矯正
(最も一般的な矯正)
上下とも矯正を行った場合。 60〜65万円
ワイヤー矯正
(白or透明の装置を使用)
通常の金属の装置を使った場合よりも、5~20万円ほど治療費が高くなります。 70万円
舌側矯正
(裏側の矯正)
通常の表側の矯正を行なう場合よりも、1.5倍ほど治療費が高くなります。 70万円
インプラント矯正 矯正用インプラント1本2~10万円程度で、多くの場合、2~4本程度必要になります。 基本料金+4~40万円
マウスピース矯正 上下とも矯正を行った場合。 30~60万円
小児矯正(子供の矯正) 上下とも矯正を行った場合。 30~60万円

Last Up Date:

舌側矯正とは?

舌側矯正(リンガルブラケット)とは、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を全て歯の裏側に付けるので、表側からは矯正をしていることがほとんど分からなくなる方法です。
最も目立たない方法ですが違和感が強いこと、治療期間が長くなる傾向があること、歯を並べることが難しくなること、治療費が割高になる(約1.5倍)ことなどのデメリットもあります。

舌側矯正のメリット
  • 装置を全て歯の裏側に付けるので、表からは矯正をしていることがほとんど分からない。
舌側矯正のデメリット
  • 歯の裏側に装置があるので、違和感が強い。
  • 治療期間が長くなる傾向がある。
  • 歯をきれいに並べることが技術的に難しくなる。
  • 治療費が高い。(通常の矯正の約1.5倍。100~150万円)
  • 矯正中は基本的に虫歯になりやすくなるので、注意深く歯のケアを行わないと虫歯が出来てしまう恐れがある。
  • 矯正によって歯根吸収(歯の根っこが溶けてしまうこと)が起こってしまうことがある。歯根吸収の原因は不明だが、万が一重度の歯根吸収が起こってしまった場合には、矯正治療の中止や、歯の連結・固定などが必要になることもある。
舌側矯正の治療の流れ、治療期間

舌側矯正は基本的には一般的なワイヤーを使った矯正と同じような治療の流れで行われますが、矯正の治療期間は通常のワイヤーを使った矯正よりも長くなる傾向があります。

術前検査・虫歯や歯周病の治療・抜歯など

まずは矯正を行うにあたり必要な検査を行いますが、虫歯があったり歯周病があったりする場合には、矯正を始める前にそれらの治療を終えておく必要があります。
また、ケースによっては何本か歯を抜くことが必要になることもあります。 (特に親知らずは、多くのケースで抜くことになります)

ワイヤーによる歯の移動(動的矯正期間)

この期間は、患者さんの状態により大きく異なりますが、通常のワイヤーを使用した矯正では平均的には2~3年程度、歯を抜かずに済むような簡単な矯正では6ヶ月~1年程度、難しいケースでは3年以上かかることもあります。
舌側矯正の場合にはこの治療期間が、比較的長くなる傾向があります。
矯正期間中は、ワイヤー調整のために1~2ヶ月に1回程度通院する必要があります

保定

矯正で動かした歯は、放っておくと必ず元に戻ろうとします。そのため、矯正が終わった後には歯の後戻りを防ぐために「保定」というものを行わなくてはなりません。
保定には取り外し式の装置を使う方法や歯に針金を貼り付ける方法など様々な方法があり、期間も1~2年程度のものから一生のものまで様々です。
この「保定」をちゃんと行わないと、せっかくきれいに並んだ歯が後戻りしてしまいます。 (保定期間中も数ヶ月に1回程度通院が必要になることがあります)

舌側矯正の費用・料金
矯正基本料 約100~150万円
(上下とも矯正を行った場合。大体の相場です)
相談料 無料~5000円程度
(矯正基本料に含まれている場合もあります)
診査・診断料 約3~10万円
(矯正基本料に含まれている場合もあります)
ワイヤー調整料 1回3000円~1万円程度
(ワイヤーの調整は、多くの場合1~2ヶ月に1回程度)
(矯正基本料に含まれている場合もあります)
医療費控除 矯正は、医療費控除の対象となる場合があります
矯正の医療費控除

Last Up Date:

インプラント矯正とは?

インプラント矯正とは、まだ新しい方法で行っている歯科医院は多くありませんが、矯正にかかる治療期間が約半分ほどに短縮され、良い治療結果も得られやすい注目の矯正法です!
インプラント矯正ではインプラント(またはミニインプラント)を固定源として使用することによって歯の確実な移動が可能となり、その結果治療期間が大幅に短縮され、さらに良い治療結果が得られやすくなります。
インプラント矯正は、舌側矯正と同時に行われる場合もあります。

インプラント矯正のメリット
  • 治療期間が大幅に短縮できる。
    (ケースによっては、治療期間が通常の半分程度になることもあります)
  • 良い治療結果が得られやすい。
    (インプラントを固定源とすることで、確実な歯の移動が行えるようになります)
インプラント矯正のデメリット
  • インプラントのための手術が必要。(ただし、ミニインプラントの場合には治療時間は5分程度です)
  • 治療費が高くなる。
  • 矯正中は基本的に虫歯になりやすくなるので、注意深く歯のケアを行わないと虫歯が出来てしまう恐れがある。
  • 矯正によって歯根吸収(歯の根っこが溶けてしまうこと)が起こってしまうことがある。歯根吸収の原因は不明だが、万が一重度の歯根吸収が起こってしまった場合には、矯正治療の中止や、歯の連結・固定などが必要になることもある。
インプラントの治療の流れ、治療期間

インプラント矯正は、基本的には一般的なワイヤーを使った矯正と同じような治療の流れで行われますが、矯正にかかる期間は通常のワイヤーを使った矯正よりもはるかに短くなります。
患者さんの状態にもよりますが、場合によってはワイヤーを使用した矯正の半分程度の治療期間で矯正が終わることもあります。

術前検査・虫歯や歯周病の治療・抜歯など

まずは矯正を行うにあたり必要な検査を行いますが、虫歯があったり歯周病があったりする場合には、矯正を始める前にそれらの治療を終えておく必要があります。
また、ケースによっては何本か歯を抜くことが必要になることもあります。 (特に親知らずは、多くのケースで抜くことになります)

ワイヤーによる歯の移動(動的矯正期間)・インプラント手術

この期間は、患者さんの状態により大きく異なりますが、通常のワイヤーを使用した矯正では平均的には2~3年程度、歯を抜かずに済むような簡単な矯正では6ヶ月~1年程度、難しいケースでは3年以上かかることもあります。
インプラントを使用した場合にはこの治療期間が、最大で約半分程度に短縮します。
インプラント手術を行うタイミングはケースにより様々ですが、矯正用のインプラントを打つ手術時間は大体1本5~10分程度です。
これはほとんどの場合簡単な局所麻酔のみで行い、入院や全身麻酔が必要になることはまずありません。
ワイヤーで歯を動かしている期間中は、ワイヤー調整のために1~2ヶ月に1回程度通院する必要があります。

保定

矯正で動かした歯は、放っておくと必ず元に戻ろうとします。そのため、矯正が終わった後には歯の後戻りを防ぐために「保定」というものを行わなくてはなりません。
保定には取り外し式の装置を使う方法や歯に針金を貼り付ける方法など様々な方法があり、期間も1~2年程度のものから一生のものまで様々です。
この「保定」をちゃんと行わないと、せっかくきれいに並んだ歯が後戻りしてしまいます。 (保定期間中も数ヶ月に1回程度通院が必要になることがあります)

インプラント矯正の費用・料金
矯正基本料 約60~100万円、舌側矯正の場合は約100~150万円
(上下とも矯正を行った場合。大体の相場です)
相談料 無料~5000円程度
(矯正基本料に含まれている場合もあります)
診査・診断料 約3~10万円
(矯正基本料に含まれている場合もあります)
ワイヤー調整料 1回3000円~1万円程度
(ワイヤーの調整は、多くの場合1~2ヶ月に1回程度)
(矯正基本料に含まれている場合もあります)
医療費控除 矯正は、医療費控除の対象となる場合があります
矯正の医療費控除

Last Up Date:

マウスピース矯正とは?(当医院では扱って居りません)

マウスピース矯正とは、「アライナー」という透明のマウスピースを使用する方法です。
約2週間毎に新しいアライナーに交換しながら一日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。(アライナー交換の期間や装着時間等は症例によって多少異なります)
他の矯正法とは違い装置が取り外し式で、ブラケットやワイヤーも装着しないので最も目立ちませんが、この方法は多くの場合、歯を抜かなくても済むような比較的簡単な矯正治療にしか適用できません。(通常のワイヤーを使った矯正と併用する場合もあります)

マウスピース矯正のメリット
  • あらゆる矯正法の中で、最も目立たない。
  • マウスピースは取り外し式なので、清潔。
マウスピース矯正のデメリット
  • 歯を抜かなくて済むような、比較的簡単な矯正にしか使用できない。
  • ほとんど1日中マウスピースを装着しておく必要があるが、これは患者本人が行うため、患者がマウスピースの装着をさぼることがある。(さぼると治療期間が延びる)
  • 矯正によって歯根吸収(歯の根っこが溶けてしまうこと)が起こってしまうことがある。歯根吸収の原因は不明だが、万が一重度の歯根吸収が起こってしまった場合には、矯正治療の中止や、歯の連結・固定などが必要になることもある。
マウスピース矯正の治療の流れ、治療期間

マウスピース矯正では、2週間毎に新しいアライナー(マウスピース)に交換しながら一日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。
マウスピース矯正は比較的簡単な矯正の場合に行いますので、治療期間も約半年~2年と矯正の中では短めです。
ただし、通常のワイヤーを使用した矯正等と併用する場合もあります。 (ワイヤー矯正の仕上げにマウスピースを使用するなど)

術前検査・虫歯や歯周病の治療・抜歯など

まずは矯正を行うにあたり必要な検査を行いますが、虫歯があったり歯周病があったりする場合には、矯正を始める前にそれらの治療を終えておく必要があります。
また、ケースによっては何本か歯を抜くことが必要になることもあります。 (特に親知らずは、多くのケースで抜くことになります)

アライナー(マウスピース)による歯の移動(動的矯正期間)

この期間は、患者さんの状態により大きく異なります。
マウスピース矯正は比較的簡単な矯正の場合に行いますので、治療期間も約半年~2年と矯正の中では短めです。
この期間中は、アライナー交換のために2週間に1回程度通院する必要があります。

保定

矯正で動かした歯は、放っておくと必ず元に戻ろうとします。そのため、矯正が終わった後には歯の後戻りを防ぐために「保定」というものを行わなくてはなりません。
保定装置には様々なものがありますが、マウスピース矯正を行った場合にはこのマウスピースをそのまま保定装置として使用することが多くなります。
この「保定」をちゃんと行わないと、せっかくきれいに並んだ歯が後戻りしてしまいます。 (保定期間中も数ヶ月に1回程度通院が必要になることがあります)

マウスピース矯正の費用・料金
矯正基本料 約30~60万円
(上下とも矯正を行った場合。大体の相場です)
相談料 無料~5000円程度
(矯正基本料に含まれている場合もあります)
診査・診断料 約3~10万円
(矯正基本料に含まれている場合もあります)
アライナー調整料 1回3000円~1万円程度
(アライナーの調整は、多くの場合1ヶ月に2回程度)
(矯正基本料に含まれている場合もあります)
医療費控除 矯正は、医療費控除の対象となる場合があります
矯正の医療費控除

Last Up Date:

小児矯正とは?

小児矯正とは、子供の時期に行う矯正治療のことです。
歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことによってより理想的な治療を行うことが出来る場合があります。
その理由は、大人は顎骨の成長が終わってしまっているので歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ成長段階にあるので、ある程度アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。

小児矯正(子供の矯正)を始める時期

子供の矯正は、アゴの骨が成長する6歳~14歳までの間に行うと有効だと言われています。
この時期に矯正を行うことによって上アゴと下アゴの大きさのバランス、歯とアゴの大きさのバランスをある程度コントロールすることができます。

小児矯正のメリット
  • 大人になってから矯正を行う必要がなくなる場合がある。
  • アゴの成長をある程度コントロールできるので、良い治療結果が得られやすい。
  • 矯正で歯を抜く確率が低くなる。
  • 大人になってから再度矯正治療が必要となる場合でも、矯正の治療期間が短くなり、良い治療結果が得られやすくなる。
  • 矯正期間中は1~2ヶ月おきに歯科医院へ通う必要があるので、その時についでに虫歯の予防をしてもらえば非常に効率的に虫歯予防ができる。
小児矯正のデメリット
  • 小児矯正はほとんどの場合、アゴの骨の成長が終わる15歳前後まで経過を観察する必要があるため、矯正期間が長くなることが多い。
  • 矯正期間中、一時的に見た目が悪くなる。
  • (矯正装置が見えたり、一時的に歯並びが悪い状態になったりする)
  • 小児矯正を行っても、大人になってから再度矯正が必要になることがある。
  • (特に受け口の場合には、大人になってから外科矯正が必要となるケースが多い)
  • 小児矯正に使用する装置は、その多くが家庭で患者さん本人に装着してもらうタイプのものなので、患者さん本人が治療に協力的でない場合には良い治療結果が出にくくなる。
  • 矯正中は基本的に虫歯になりやすくなるので、注意深く歯のケアを行わないと虫歯が出来てしまう恐れがある。
  • 矯正によって歯根吸収(歯の根っこが溶けてしまうこと)が起こってしまうことがある。歯根吸収の原因は不明だが、万が一重度の歯根吸収が起こってしまった場合には、矯正治療の中止や、歯の連結・固定などが必要になることもある。
小児矯正の治療の流れ、治療期間

小児矯正は大人の歯(永久歯)が生え揃う前に行う矯正なので、永久歯の生え変わりの様子を見ながら矯正を行っていきます。
そのため、通常の矯正よりも長い治療期間・観察期間が必要になることが多くなります。 (通常、歯の生え代わりが終わる15歳前後までは経過を観察する必要があります)
また、永久歯が生え揃ってから再度矯正が必要となる場合もあります。

小児矯正の費用・料金
矯正基本料 約30~60万円
(症状や、使用する装置等によって金額は上下します)
相談料 無料~5000円程度
(矯正基本料に含まれている場合もあります)
診査・診断料 約3~10万円
(矯正基本料に含まれている場合もあります)
経過観察 1回3000円~1万円程度
(経過観察は、多くの場合1~2ヶ月に1回程度)
(矯正基本料に含まれている場合もあります)
医療費控除 矯正は、医療費控除の対象となる場合があります
矯正の医療費控除

Last Up Date:

このページの上部へ



電話番号:
ファックス番号:

診療時間

 
9:30〜13:00
14:30〜19:00
☆印は14:30〜17:30まで[休診日]木・日・祝

今月の休診日

6月の休診日

SunMonTueWedThuFriSat






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30





定休日

当院の特徴

歯の治療をした事ない方は健康を一番に考えている? ここで考えるのに、予防を一番に考えたら、一生涯自分の歯で暮らせるでしょう。 これは、治療に通うのに苦痛ではなく、(痛くない、怖くない) そして、治療によりお口の状態が良くなり笑顔になる。 さらに、予防に通い、お口のすっきり、安心、笑顔になる。 う蝕治療は今ほとんどなくなり、歯周病の予防治療がほとんど保育園、幼稚園、小学校の検診の中に虫歯を探す事のほうが難しい時代です、しかし、入れ歯、インプラント、ブリッジは無くならない

今月の矯正診療日

6/4,14

☆毎月第1土曜、第2水曜、第2金曜