入れ歯

  装着感のよい、審美的な入れ歯を提案しています。装着感のよい、審美的な入れ歯を提案しています。装着感のよい、審美的な入れ歯を提案しています。

 

入れ歯(義歯)について

ご自身の歯の全部または一部が失われた場合、全部床義歯または部分床義歯を使用することによって大きなメリットが得られます。歯は頬や唇を支えており、ふっくらとした笑顔を作り出すために必要なものです。歯があることで顔の筋肉が鍛えられ、より若々しく生き生きとした表情を作り出すとともに、会話や咀嚼および嚥下が円滑になります。

 

会話や咀嚼の方法が変わりますか?

義歯の使用に慣れるまでは、ときおり舌や口内を噛んでしまう場合もあります。使用開始当初は、粘り気のある食物や硬い食物を避け、流動食や軟らかい食物を食べるほうがよいでしょう。食物を小さめに切って食べることも有効です。また、総入れ歯の場合には、前歯よりも左右奥歯で噛みくだくようにするとよいでしょう。さらに、義歯の使用によって唾液量や味覚の変化を感じる場合もあります。このような症状は新しい義歯を装着した直後に見られることがありますが日々の経過と共に変化に順応し、会話や咀嚼も快適になり、自信が持てるようになるでしょう。

 

義歯に慣れるには期間を要しますか?

新しい義歯に順応する期間の長さには個人差があります。すべての歯を抜歯した直後に全部床義歯を装着する場合、翌日に予定されている来院時まで口内に義歯を装着しておきます。治療中はほとんど義歯を装着したままにしますが、これは「バンデージ(包帯)」として口内の組織を支える役割を果たすためです。 治療完了後は、毎晩就寝前に義歯を取り外します。取り外した義歯は絶対に乾燥させないように注意してください。素材が縮んだり、変形したりする原因となります。次に口内に装着するまで、取り外した義歯は必ず洗浄液か水に浸しておいてください。

 

義歯の手入れ方法は?

義歯のお手入れには、義歯専用のプラシとクリーナーを使用します。一般の練り歯磨きには研磨剤が入っているため、義歯には使用しないでください。取り外した義歯をきれいにしたあと水ですすぎ、義歯専用の洗浄液内に浸しておきます。 部分床義歯を使用している場合、ご自身の天然歯の歯磨きおよびデンタルフロスも忘れずに行なってください。とくにクラスプ(鉤)の周辺部分はていねいにブラッシングしましよう。このような支台歯には食べ物のカスがたまりやすく、唾液の酸と細菌が結びついて虫歯になるケースが多いので特別の注意が必要です。 また、口内にぴったりフィットした義歯は、自然に分泌される唾液によって口腔組織に付着するため、義歯用の接着剤を使用すると逆に快適な装着感が損なわれる場合があります。義歯用の接着剤を日常的に使用する場合は、あらかじめ歯科医にご相談ください。

 

義歯の修理は自宅でできますか?

義歯の補修や調整が必要になった場合、歯科医院にご持参いただくのが最善の方法です。多くの場合、クリニックで お待ちの間に補修、調整、または交換を行なうことが可能です。同時に義歯の装着状態を確認することができますし、すべての口内組織が健康であるかどうかを検査することもできます。

 

アフターケアには、どの位の頻度で通院すればよいですか?

最初に義歯の装着および適合を行なった後にも、小規模な調整が必要になる場合があります。それ以外には、義歯を装着した下の部分の軟組織が健康であるかどうかを検査するための来院が必要になるだけです。また、一部の天然歯が残っている場合、一生の間それらの歯を大切に守るため、通常のデンタルケアで来院されることをお勧めします。

 

最後に

慣れるまでの期間に個人差はあっても、かならず義歯の使用に順応することができます。歯科医術の進歩により、装着感や快適性、そして審美性はますます向上しています。 快適な装着と自然な外見の維持を保証するため、われわれ歯科医は、最新の技術を駆使し、これまでの病歴を把握するとともに、徹底的な口腔検査を実施し、正確な記録と測定結果をもとに義歯を処方しています。提携しているデンタルラボは、一人ひとりの顔立ちやライフスタイルに合わせたオーダーメードの義歯を製作するための訓練を受けた一流の歯科技工所に限定しています。また、一般的に購入する物品などと同様に、お手頃な料金で義歯を提供できるようになっております。

 



一般歯科

予防歯科 

小児歯科

訪問診療

Copyright © 2010-2019 MIURA DENTAL CLINIC. All Right Reserved.